EC-CUBE 3を開発するための環境構築手順を説明します
Edit me

開発用環境の構築

GitHub からソースコードを取得して開発を始める

GitHubからEC-CUBE3をダウンロードすると、ダウンロードした時点での最新状態のEC-CUBE3で開発が行えます。
こちらはリリースにまだ含まれていない機能追加・修正が含まれていることがあります。

  1. composer のインストール

こちら https://getcomposer.org/download/ を参考に、 composer をインストールしておきます。

  1. ソースコードの取得

以下のコマンドを実行します。

composer create-project ec-cube/ec-cube ec-cube "dev-master"

最後に、

Do you want to remove the existing VCS (.git, .svn..) history? [Y,n]? 

と聞かれるので、 n と入力します。

以上で最新のEC-CUBE3が利用できる環境が整います。常にEC-CUBE3のバージョンへ追随したい場合、 http://qiita.com/chihiro-adachi/items/f31c9d90b1bcc3553c20 を参考にしてください。

公式サイトよりEC-CUBE3をダウンロードし開発を始める

EC-CUBE3の公式サイトからダウンロードして開発を始めるにはアカウントを作成する必要があります。 アカウントを作成されていない方は、こちら より新規会員登録をお願いします。
既にアカウントを作成されている方は、普段お使いのアカウントをご利用ください。

  1. 公式サイトからダウンロード
    http://www.ec-cube.net/download/ から最新のEC-CUBE3をダウンロードします。

  2. 必要なライブラリをインストール
    公式サイトよりダウンロードしたEC-CUBE3には開発時に便利なライブラリが含まれておらず、 開発する際には色々と不便なため、 GitHubからダウンロードし開発を始めるの2、3を参考にしてcomposerのインストール、実行を行ってください。

実行環境の構築

ビルトインウェブサーバを利用した実行環境構築

php5.4からビルトインウェブサーバと呼ばれる機能が提供されており、 この機能を使用することで簡単にEC-CUBE3の実行環境が作成できます。

ビルトインウェブサーバを実行するには以下のコマンドを実行します。

php -S localhost:8000

これだけで、ブラウザからhttp://localhost:8000/htmlにアクセスするとEC-CUBE3が動作します。

URLにhtmlを含ませたくない場合、

php -S localhost:8000 -t html/

ドキュメントルートディレクトリにhtmlを指定すると、http://localhost:8000/としてアクセス可能です。

また、MySQLやPostgreSQLを用意せずインストール時にSQLiteを利用することでDBを用意することなく開発環境が作成可能です。 そのためビルトインウェブサーバを利用するだけで簡単にEC-CUBE3の動作環境がご利用できます。

※ ビルトインウェブサーバやSQLLiteは本番環境では推奨されておらず、開発環境のみでご利用ください。

他の実行環境構築