EC-CUBE本体開発の流れはGitHub Flowに基づいています。
Edit me

開発スタイルの基盤

  • EC-CUBE本体の開発はGitHub Flowにもとづいて行なっています。

Gitワークフロー概要

ワークフロー概念図

Gitワークフロー作業手順

  • 以下にワークフロー概要図の番号に添って、操作方法を説明します。

レポジトリのコピー ( 本家→個人 )

① まず本家のレポジトリをフォークします

ローカルレポジトリの構築

② フォークしたレポジトリをクローンします

  • 自分のレポジトリからcloneします。
$ git clone https://github.com/[GitHubUser(ご自身のアカウント)]/ec-cube.git
  • ブランチの状態を確認してみます。
$ git branch -a

* master
remotes/origin/HEAD -> origin/master
remotes/origin/master
  • これでまずはソースコードをローカルに持ってきました。

③ 次に本家レポジトリの追従を行います。

③-① 本家が更新されても追従できるように、本家レポジトリをupstreamとして登録

$ git remote add upstream https://github.com/EC-CUBE/ec-cube.git
$ git remote -v
origin https://github.com/[GitHubUser(ご自身のアカウント)]/ec-cube.git (fetch)
origin https://github.com/[GitHubUser(ご自身のアカウント)]/ec-cube.git (push)
upstream https://github.com/EC-CUBE/ec-cube.git (fetch)
upstream https://github.com/EC-CUBE/ec-cube.git (push)
  • originには自分のが、upstreamには本家が登録されてるのがわかります。

  • この状態ではまだupstreamの情報を取得していないので一度fetchしておきます。

$ git fetch upstream

開発用ブランチの作成

③-② ローカルに開発用ブランチを作成

$ git checkout -b user_branch( 任意 ) upstream/master

GitHubの自分のレポジトリに反映

$ git push origin user_branch( 任意 )
  • 開発する …

  • 完了したらコミット

$ git add /path/to/file
$ git add /path/to/file
$ git commit -m "コメント"

④ 自分のレポジトリにプッシュ

$ git push origin admin_basis_point

プルリクエストを送る

⑤プルリクを送る

  • GitHubの自分のレポトリから、PullRequestする

プルリクエストのマージ条件

  • 以下がクリアされる事で本体の「Master」にマージされます。

    1. 開発者・コミッターのレビュー

    2. CIのチェック

      • Travis : ユニットテスト
      • AppVeyor : ユニットテスト( Win環境 )
      • Scritinizer : 静的コード解析

参照元

Tags: guideline