デザインのベースとなるデフォルトフレームについて説明します。
Edit me

EC-CUBEのサイト構成

EC-CUBEでは画面を構成するために基本となるテンプレートを用意しています。
その基本となるテンプレートが default_frame.twigとなります。

default_frame.twigにはサイトで使う共通要素(headタグやヘッダー、フッター等)を記述し、このテンプレートを継承することでサイト共通となるデザインが作成できます。
フロントと管理画面のdefault_frame.twigの配置場所は以下です。

  • フロント用のdefault_frame.twig
    ECCUBEROOT/src/Eccube/Resource/template/default/default_frame.twig

  • 管理画面用のdefault_frame.twig
    ECCUBEROOT/src/Eccube/Resource/template/admin/default_frame.twig

default_frame.twigの構成

フロント画面のレイアウト変更は管理画面の[コンテンツ管理] → [ページ管理] → [TOPページ] → [レイアウト編集]から可能ですが、 この画面にあるhead#headercontents_top・・・と枠で構成されている箇所はdefault_frame.twigに枠が定義されており、 この枠内にブロックを配置することでフロントのレイアウト変更が可能です。

main枠については各コンテンツが表示される枠となります。

レイアウト管理

フロント用のdefault_frame.twigの内容

  • 51〜57行目
    レイアウト管理でのhead枠の箇所となります。<head></head>タグ内に記述する必要のあるタグ等を扱うときに使用します。


<script>window.jQuery || document.write('<script src="{{ app.config.front_urlpath }}/js/vendor/jquery-1.11.3.min.js?v={{ constant('Eccube\\Common\\Constant::VERSION') }}"><\/script>')</script>

{# ▼Head COLUMN #}
{% if PageLayout.Head %}
{# ▼上ナビ #}
{{ include('block.twig', {'Blocks': PageLayout.Head}) }}
{# ▲上ナビ #}
{% endif %}
{# ▲Head COLUMN #}

</head>

  • 64〜70行目
    レイアウト管理での#header枠の箇所となります。ヘッダー部分を記述するときに使用します。


<header id="header">
<div class="container-fluid inner">
{# ▼HeaderInternal COLUMN #}
{% if PageLayout.Header %}
{# ▼上ナビ #}
{{ include('block.twig', {'Blocks': PageLayout.Header}) }}
{# ▲上ナビ #}
{% endif %}
{# ▲HeaderInternal COLUMN #}
<p id="btn_menu"><a class="nav-trigger" href="#nav">Menu<span></span></a></p>
</div>
</header>

  • 78〜84行目
    レイアウト管理での#contents_top枠の箇所となります。


<div id="contents_top">
{# ▼TOP COLUMN #}
{% if PageLayout.ContentsTop %}
{# ▼上ナビ #}
{{ include('block.twig', {'Blocks': PageLayout.ContentsTop}) }}
{# ▲上ナビ #}
{% endif %}
{# ▲TOP COLUMN #}
</div>

  • 88〜96行目
    レイアウト管理での#side_left枠の箇所となります。


<div class="container-fluid inner">
{# ▼LEFT COLUMN #}
{% if PageLayout.SideLeft %}
<div id="side_left" class="side">
{# ▼左ナビ #}
{{ include('block.twig', {'Blocks': PageLayout.SideLeft}) }}
{# ▲左ナビ #}
</div>
{% endif %}
{# ▲LEFT COLUMN #}

  • 99〜105行目、108行目、111〜117行目
    レイアウト管理での#main_topMainmain_bottom枠の箇所となります。
    特に重要なのが{% block main %}{% endblock %}であり、 この記述で各ページのコンテンツはこの箇所に表示されます。


<div id="main">
{# ▼メイン上部 #}
{% if PageLayout.MainTop %}
<div id="main_top">
{{ include('block.twig', {'Blocks': PageLayout.MainTop}) }}
</div>
{% endif %}
{# ▲メイン上部 #}

<div id="main_middle">
{% block main %}{% endblock %}
</div>

{# ▼メイン下部 #}
{% if PageLayout.MainBottom %}
<div id="main_bottom">
{{ include('block.twig', {'Blocks': PageLayout.MainBottom}) }}
</div>
{% endif %}
{# ▲メイン下部 #}
</div>

  • 120〜128行目
    レイアウト管理での#side_right枠の箇所となります。


{# ▼RIGHT COLUMN #}
{% if PageLayout.SideRight %}
<div id="side_right" class="side">
{# ▼右ナビ #}
{{ include('block.twig', {'Blocks': PageLayout.SideRight}) }}
{# ▲右ナビ #}
</div>
{% endif %}
{# ▲RIGHT COLUMN #}

  • 130〜138行目
    レイアウト管理での#contents_bottom枠の箇所となります。


{# ▼BOTTOM COLUMN #}
{% if PageLayout.ContentsBottom %}
<div id="contents_bottom">
{# ▼下ナビ #}
{{ include('block.twig', {'Blocks': PageLayout.ContentsBottom}) }}
{# ▲下ナビ #}
</div>
{% endif %}
{# ▲BOTTOM COLUMN #}

</div>

  • 143〜149行目
    レイアウト管理での#footer枠の箇所となります。


<footer id="footer">
{# ▼Footer COLUMN#}
{% if PageLayout.Footer %}
{# ▼上ナビ #}
{{ include('block.twig', {'Blocks': PageLayout.Footer}) }}
{# ▲上ナビ #}
{% endif %}
{# ▲Footer COLUMN#}

</footer>

</div>

管理画面のdefault_frame.twigには#main_topMainmain_bottom・・枠は存在していませんが、
{% block main %}{% endblock %}は必須で、その部分に各管理画面の内容が表示されます。

Tags: quickstart